高尾山便り20170328

2017年3月28日までの高尾山便りです。








蕗20170228-1-a
早春の『蕗の薹』、フキ(蕗)の花芽です。


蕗20170228-3-a
花芽は、数十個の頭花の集団です。


蕗20170228-95-a
フキは雌雄異株、この株は雄株で、頭花は雄花の筒状花だけで構成されてます。


蕗20170325-1-a
雌株を探してようやく見つけてきました。


蕗20170319-5-a
横から見ると判り易いのですが、雌株の頭花は筆のように細い柱頭が束になってます。


蕗20170325-3-a
頭花をアップにすると、中央部に2~3個の大きな筒状花が有り、周辺には小さな筒状花が有ります。
この小さな筒状花には雄蕊が無く、キク科独特の雌花です。


蕗20170228-8-a
今回のフキの写真を整理してたらこんな写真が出てきて驚きました。
雄株を撮った物ですが、雌株で見られる細い雌花の筒状花が数本出てます。
植物界の雌雄の区別には曖昧さがあり、これもその一端でしょうね。


蔦葉海蘭20170325-1-a
ツタバウンラン(蔦葉海蘭)が開花してました。


蔦葉海蘭20170325-2-a
独特の形状の花ですね。
花冠は唇状に2裂し、上唇は浅く2裂、下唇は浅く3裂してます。


蔦葉海蘭20170325-6-a
上下唇の間に蕊類が見える筈ですが、かなり奥の方ですね。


紫鷺苔20170328-2-a
サギゴケ科のムラサキサギゴケ(紫鷺苔)の花です。
今まで意識してませんでしたが、ツタバウンランと似た構造の花ですね。


紫鷺苔20170328-1-a
上唇に隠れて、柱頭のような物が見えてます。


甘菜20170328-5-a
ユリ科アマナ属のアマナ(甘菜)が咲いてました。


甘菜20170328-3-a
こちらの花は開花直後の物、大きな赤茶色の葯が目立ちます。


甘菜20170328-1-a
これは蕾、花被片の赤筋が綺麗ですね。


貝母20170328-1-a
ユリ科バイモ属のバイモ(貝母)も開花しました。
川底の群生です。


貝母20170328-2-a
この花は、横から見たのでは楽しみ半減です。


貝母20170328-4-a
花被片の内面に、編み笠のような模様『網状紋』が付いてます。
この花は雄花で、雄蕊が6本、雌蕊は退化してます。


貝母20170328-3-a
こちらの花は両性花で、中央に3本に分岐した花柱が見えます。


耳形天南星20170328-1-a
ミミガタテンナンショウ(耳形天南星)がようやく開花しました。
まだ葉は展開してません。


耳形天南星20170328-2-a
こちらの花は、少し緑色が入った花色です。


土佐水木20170328-1-a
数日前に松広水木の花を紹介しましたが、今回はその近縁種です。
最初はトサミズキ(土佐水木)、現在、満開で開花中です。


土佐水木20170328-2-a
花序を構成する小花が多く、10個弱くらいあります。


土佐水木20170328-4-a
同定する上での重要な特徴は、葯が赤いことです。


日向水木20170328-1-a
これはヒュウガミズキ(日向水木)の花序です。
小花は少なくて、1~2個が多いです。


日向水木20170328-4-a
葯は黄色、出て来る花粉も黄色です。


富貴草20170328-1-a
写真を撮るのが遅れましたが、フッキソウ(富貴草)は開花中です。


富貴草20170328-3-a
花序の下段に雌花が着き、2本の薄緑色の花柱を広げてます。
2段目から上の小花は雄花、まだ未開花で4本の雄蕊が密着してます。


富貴草20170328-2-a
こちらの花序では雄蕊が開き、他粉を出してる葯も見えてます。


樒20170328-1-a
シキミ(樒)の大木に花が咲いてました。
見上げて下から撮ってます。


樒20170328-2-a
ストロボを焚いた望遠で、やっとこ大きく撮れました。


千本槍20170328-2-a
センボンヤリ(千本槍)の花を期待したのですが、まだ蕾でした。
間もなく開花します。
スポンサーサイト

高尾山便り20170325-2

2017年3月25日までの高尾山便り、その2です。








丸葉崑崙草20170325-1-a
マルバコンロンソウ(丸葉崑崙草)は、葉はタネツケバナ風、花はユリワサビ風です。
これらの花と混在してると、なかなか見つかりません。


丸葉崑崙草20170325-3-a
これは、ようやく咲き始めた若い株です


丸葉崑崙草20170325-5-a
花弁は4枚、雄蕊は6本、花柱は1本、花柱が毛に覆われてることが本種の特徴です。


丸葉崑崙草20170325-4-a
これは開花したての小花、花粉を出す前の大きな葯がコミカルです。


辛夷20170325-1-a
大木の上の方で、コブシ(辛夷)の花が咲き始めてました。


辛夷20170325-2-a
日を浴びてる花を、下から撮りました。


片栗20170324-1-a
3/24にこの写真、カタクリ(片栗)の蕾を撮りました。


片栗20170325-3-a
ブログに載せる前に、3/25に別所で開花株を見つけて撮り直しました。


片栗20170325-2-a
横顔です。


延齢草20170324-1-a
これも3/24に撮ったエンレイソウ(延齢草)の蕾の写真です。


延齢草20170325-4-a
本種も3/25に開花株を撮り直しました。
24日はツキが無く、25日は大当たりの日でした。


延齢草20170325-6-a
ガク片3枚、花弁は無し、雄蕊が6本、柱頭3個です。


延齢草20170325-9-a
子房の形状が面白いですね。


蔓猫の目草20170324-1-a
気温の低い窪地で、3種のネコノメソウが共演してました。
小川の流れを背景に、素敵なポイントですね。


蔓猫の目草20170324-3-a
1つはツルネコノメソウ(蔓猫の目草)で、黄色の花が満開です。


蔓猫の目草20170324-5-a
この3種の中では、最も早く咲くようです。


汚れ猫の目20170324-1-a
中央のヨゴレネコノメ(汚れ猫の目)は、まだ花粉が出てませんが花柱は外へ出てます。
開花途中ですね。


花猫の目20170324-3-a
赤い葯が見えるハナネコノメ(花猫の目)は開花前です。
ヨゴレネコノメとほぼ同じステージです。


花猫の目20170324-2-a
この窪地では、こんな塊もまだ開花前です。
ハナネコノメは環境で開花時期がかなり違ってきますね。


花猫の目20170322-2-a
これは6号路で撮った写真、花粉を出してる花が多かったです。


深山黄華鬘20170322-1-a
崖下でミヤマキケマン(深山黄華鬘)の大株が開花してました。


深山黄華鬘20170322-3-a
恐々降りて、撮ってきました。


深山黄華鬘20170322-9-a
接写するような花ではないのですが、折角ですので近付いて。


紫華鬘20170322-1-a
近くでムラサキケマン(紫華鬘)が咲いてましたので、これも1枚。


藪人参20170322-3-a
ヤブニンジン(藪人参)が開花してました。


藪人参20170322-4-a
セリ科の小さな白花、セントウソウに次いで2番目です。


藪人参20170322-5-a
小花には2種類があり、長く太い花柄を持つ両性花と、細く短い花柄の雄花です。


藪人参20170322-7-a
末期の花序です。
両性花と雄花が5個ずつですね。


藪人参20170322-93-a
雄花は花被片が5枚、雄蕊が5本、雌蕊は有りません。


藪人参20170322-83-a
両性花には花柱が2本、雄蕊が5個です。


藪人参20170322-81-a
この両性花を横から見ると、花被片の後方に大きな子房部分が有ります。


赤四手20170325-2-a
アカシデ(赤四手)を見ると、赤い小枝と赤い葉芽と並んで、より赤い雄花序が大きくなってきました。


赤四手20170325-3-a
苞の重なりが緩んできて、隙間から赤い葯が見えてます。
開花目前です。

高尾山便り20170325-1

2017年3月25日までの高尾山便り、その1です。







姫菫20170325-1-a
『スミレのお姫様』、ヒメスミレ(姫菫)です。


姫菫20170325-2-a
名前は可愛いのですが、砂利道やアスファルト上など、悪路で見かけます。


姫菫20170325-4-a
色形が良好な、やや小型のスミレです。


雛菫20170322-1-a
『スミレのお雛様』、ヒナスミレ(雛菫)です。


雛菫20170320-3-a
淡紅色の綺麗なスミレです。


斑入雛菫20170325-1-a
これは葉に斑が入るフイリヒナスミレ(斑入雛菫)です。


斑入雛菫20170325-2-a
花はヒナスミレと同じですが、この個体は赤味が強い花色でした。


乙女菫20170325-1-a
これは『スミレの乙女』、オトメスミレ(乙女菫)です。


乙女菫20170325-2-a
花弁は白色で、距は紫色です。


乙女菫20170325-3-a
花弁の地だけでなく、紫脈まで色が消えてます。


立坪菫20170322-2-a
こちらの株の花は、花弁の地は白いのですが、紫脈の色が残ってます。
この株は、花色が白いタチツボスミレ(立坪菫)としておきましょう。


長葉の菫細辛20170324-1-a
葉が元気になったナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)です。
前回は白い花だけでしたが、今回は薄紫色を撮ってきました。


叡山菫20170322-2-a
高尾林道で、多数のエイザンスミレ(叡山菫)が咲いてました。


叡山菫20170322-3-a
今年は花数が多いようです。


叡山菫20170322-1-a
これは花弁幅が狭く、色の濃い花でした。



猫柳20170320-1-a
各地の柳の状況を見てきました。最初はネコヤナギ(猫柳)。
前回は南浅川の自生地でしたが、今回は案内川の数少ない個体です。
渓流背景の花序、この距離だと雌雄は判別できません。


猫柳20170320-2-a
これはややピークを越えた雄木です。


猫柳20170320-3-a
雄花序では、白い毛の下から赤い葯が伸び出て、黄色い花粉を出した後黒色に変わります。


猫柳20170320-32-a
これはほぼ咲き終わりの雄花序、これが雌花序と似てます。


猫柳20170320-61-a
これは雌木に咲く雌花序です。
白い毛の下から黄色の花柱が伸び出てきます。


猫柳20170320-54-a
満開の雌花序、これが咲き終わった雄花序と似てます。


猫柳20170320-52-a
咲き終わった雌花序では、黄色だった花柱は赤褐色に変わり、実の育成期に入りました。


跋扈柳20170325-2-a
バッコヤナギ(跋扈柳)の雌花序が大きくなってきました。


跋扈柳20170325-5-a
1枝だけ開花し始めてました。


跋扈柳20170325-91-a
一枚の苞に一本の雌蕊がセットになってます。
腺体は確認できません。
雄花を撮りに行かなくては。


犬行李柳20170318-2-a
裏高尾のイヌコリヤナギ(犬行李柳)、記憶では雄木です。
綺麗で大きな蕾が並んでおり、楽しみですね。


犬行李柳20170325-1-a
これは別所の木、今年は下草狩りが厳しくて、辛うじて全滅を免れました。
花序下の葉は開きましたが、まだ開花してませんでした。


立柳20170224-2-a
枯れてしまったかと心配してたタチヤナギ(立柳)、
2月下旬に茶灰色の冬芽から白い新芽が出てきました。


立柳20170320-1-a
春分の頃になると、新芽は薄緑色に変わってました。


立柳20170320-2-a
新芽を良く見ると、毛に覆われた数枚の葉が出てきてます。


立柳20170320-5-a
上側の新芽では、新葉の中から赤い花序が顔を出してました。
開花間近ですね。


柴柳20170224-1-a
南高尾で見つけてた不明柳、寒い2月下旬に冬芽から花序か新葉か、何かが出てきました。


柴柳20170320-2-a
春分になると、新芽は2枚の葉と花序になってました。
これを見ると、シバヤナギ(柴柳)のようですね。


柴柳20170320-4-a
もうすぐ咲きそうですので、更に見守ります。

高尾山便り20170324

2017年3月24日までの高尾山便りです。






仙洞草20170322-1-a
今年はなかなか見つからなかったセントウソウ(仙洞草)、今では方々で咲いてます。


仙洞草20170318-1-a
白い小さな花で目立ちませんが、早春を飾る貴重な花です。


百合山葵20170320-1-a
ユリワサビ(百合山葵)の株は大きくなり、多量の花が咲いてます。


福寿草20170320-1-a
フクジュソウ(福寿草)は花期が長く、まだ元気に咲いてます。
早春とは異なり、緑の枝葉の上で咲いてます。


蔓鹿子草20170322-1-a
首を竦めてたツルカノコソウ(蔓鹿子草)、気温の上昇に合わせて茎が伸びてきました。


松広水木20170319-1-a
土佐水木、日向水木は著名ですが、これはショウコウミズキ(松広水木)です。


松広水木20170319-3-a
花序の形、小花の数を見るとトサミズキと同じですが、葯の色が黄色で異なってます。


姫蔓日々草20170319-3-a
ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)は、花だけ見るとツルニチニチソウとそっくりです。


姫蔓日々草20170319-1-a
全体を見ると、地面を這ってる茎に花が咲き、
立ち上がるツルニチニチソウとは全く異なります。


姫蔓日々草20170319-4-a
花が小さいことも特徴ですが、ガク片に毛が無いことで識別します。


野襤褸菊20170320-1-a
ようやくノボロギク(野襤褸菊)を見つけました。


野襤褸菊20170320-2-a
何処にでも有ると考えて油断してると、いざと言うときに見つかりません。


野襤褸菊20170320-3-a
舌状花が無くて、全て筒状花で構成されてる頭花です。


野襤褸菊20170320-4-a
花粉が出終わった後、花柱が伸びて2枚に割れて見事にカールします。


藪蛇苺20170324-1-a
ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺)の株、茎が四方に伸び出した小株です。


藪蛇苺20170324-2-a
花は1輪目が開いたところです。
大きな副ガク片が特徴です。


木五倍子20170320-3-a
キブシ(木五倍子)の中木が、大量の花序を垂らしてます。


木五倍子20170320-1-a
この木は雄木、のれん状に垂れてる花序は雄花序です。


木五倍子20170320-5-a
花序の長さは色々ですが、小花の筒先に黄色い雄蕊が見えてます。


木五倍子20170320-51-a
雄花は花弁が4枚、雄蕊が8本、雌蕊が有ります。
実が出来れば両性花と言うことになりますが、この木は実が出来なかったように記憶してます。


木五倍子20170320-6-a
こちらは雌木です。
雌花序は緑色が強いように感じます。


木五倍子20170320-62-a
花序が短い例が多いですが、このような長い花序もあります。


木五倍子20170320-82-a
雌花は花弁が4枚、雄蕊は短くて奥に隠れ、花粉は出しません。


大葉夜叉五倍子20170320-1-a
オオバヤシャブシ(大葉夜叉五倍子)の枝先です。


大葉夜叉五倍子20170320-3-a
葉芽は展開前ですが、雌花は出てきました。


大葉夜叉五倍子20170320-2-a
赤い柱頭が伸びてますので、雌花は開花してます。
雄花序には雄蕊の葯が見えますが、まだ花粉は出してません。


夜叉五倍子20170320-2-a
ヤシャブシ(夜叉五倍子)は雄花序が伸びて開花してるように見えます。


夜叉五倍子20170320-5-a
アップで撮ると、確かに花粉が出てました。
残念なことに、雌花序は撮れませんでした。


走野老20170324-2-a
毎年撮ってるハシリドコロ(走野老)の大株です。
薄黄色のショウガの塊根のような物から、多数の新芽が出ます。


木蔦20170320-1-a
葉を落とした中木にキヅタ(木蔦)が絡んで青々としてます。


木蔦20170320-3-a
この株は大量の実を付けており、相当重そうですね。


天鵝絨吊虻20170322-1-a
ホバーリングの得意なビロードツリアブ(天鵝絨吊虻)、珍しく止まってくれました。
モフモフの毛に包まれてますね。

高尾山便り20170322

2017年3月22日までの高尾山便りです。








壇香梅20170320-1-a
山道のダンコウバイ(壇香梅)が満開になり、遠くからも目立つようになりました。


壇香梅20170319-1-a
近くで見ると、サンシュユかと思うほど、強い黄色の花です。


油瀝青20170320-1-a
少し花が疎らな木、これはアブラチャン(油瀝青)の雄木でした。


油瀝青20170320-2-a
近付いて見ると、やや緑色が入った花色です。


油瀝青20170320-3-a
枝先に葉芽が一つ、花芽が二つ付くパターンが多いです。
この写真では、1個の花芽から、3個の小花が出てきます。


油瀝青20170320-33-a
雄花を見ると、花被片6枚、外周の雄蕊6本、内周の雄蕊3本です。


油瀝青20170320-41-a
近くを探してると、雌木が見つかりました。
雌花群は、かなり緑色が強いですね。


油瀝青20170320-43-a
この写真では、葉芽1個と花芽2個がセットになってます。
1個の花芽から、5~6個の小花が出てます。


油瀝青20170320-52-a
雌花は中心に雌蕊が1個、花被片6枚、腺体6個、花糸のような物が数本見えます。


油瀝青20170320-53-a
雌蕊は横から撮らないと、良く判りません。
楕円球状の子房から花柱が伸び出てますが、根元で大きく曲がってます。
花柱の先に、白い柱頭が付いてます。


黒文字20170320-2-a
更にクスノキ科を続けて、クロモジ(黒文字)の雄木も咲いてました。
本種は、葉が出るのと開花が同時です。


黒文字20170320-1-a
冬芽は葉芽1個と花芽2個の組み合わせが多いです。
1個の花芽から、10個位の蕾が出てきます。


黒文字20170320-3-a
雄花は花被片6枚、雄蕊が9個です。


黒文字20170320-4-a
1本の雄蕊には2個の葯が着いてるのですが、なかなか面白い構造です。
まだ時期が早いためか、雌木は咲いてませんでした。


犬樫20170319-6-a
クスノキ科からの最後は、森林科学園で咲いてるイヌガシ(犬樫)です。


犬樫20170319-3-a
葉の形と花序の構造を見てると、シロダモの赤花バージョンと思えてきます。


犬樫20170319-5-a
望遠写真だけであり、また小花が密集してるため、詳細が判りません。
雄蕊と雌蕊が見えますが、この木は雄木だと考えてます。


関東深山片喰20170322-1-a
物陰に、カントウミヤマカタバミ(関東深山片喰)が1輪だけ咲いてました。


関東深山片喰20170322-3-a
花弁は5枚、雄蕊は10本、花柱が5本です。


関東深山片喰20170322-4-a
白い花弁に多数の筋が入ってます。


春蘭20170320-3-a
ラン科の最初はシュンラン(春蘭)です。
花柄が短い株でした。


春蘭20170322-2-a
こちらは日当たりの良い場所の株、花柄が長いです。


春蘭20170322-3-a
何故か、花柄がS字カーブを描いてる物が多いように感じます。


春蘭20170322-6-a
真正面から撮りました。


山吹20170320-2-a
早くもヤマブキ(山吹)が開花してます。


山吹20170320-1-a
南高尾山稜では、本種とモミジイチゴが、黄色と白色に並んで咲きます。


山吹20170320-3-a
まだ花粉を出す前の、開花直後の花です。


紅葉苺20170320-1-a
モミジイチゴ(紅葉苺)の花が増えました。
下を向いてますので、全て背後からの花です。
赤いガク片と白い花弁が良いですね。


紅葉苺20170320-5-a
何とか回り込んで、下から撮りました。
白い基調の中で、薄黄緑色の葯と、淡紅色の柱頭が綺麗です。


草苺20170320-1-a
それに比べると、同じ木苺の仲間でもクサイチゴ(草苺)の撮影は容易です。


草苺20170309-1-a
背は低いし、花は大きいし、真上を向いて咲くので、問題なしですね。


草苺20170309-4-a
花弁が落ちた後の花、赤い花柱の集団が目を引きます。


耳形天南星20170322-1-a
今にも咲きそうなミミガタテンナンショウ(耳形天南星)、今頃はもう開きましたかね。


耳形天南星20170322-3-a
離れた2本が並ぶように、苦労して撮りました。
プロフィール

6WC5

Author:6WC5
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR