高尾山便り20160815

8月15日までの高尾山便り、その1です。





木大角豆20160626-2-a
キササゲ(木大角豆)の木に、昨年の実殻が残ってます。


木大角豆20160626-3-a
これは今年の花序、6月下旬にはピークを越えた花序でした。


木大角豆20160626-5-a
薄黄色の花冠に紫色の斑点が綺麗です。
花冠の上部に、花粉を出してる雄蕊が見えます。


木大角豆20160626-6-a
この写真では、2個の葯を持った雄蕊が2本見えます。
花を分解しないので、雌蕊など、詳細は不明です。


木大角豆20160815-1-a
8/15に、1メートルにも満たない幼木が花序を出してました。


木大角豆20160815-4-a
まだ開花してませんでしたが、遅れて咲いたのか、近縁種だったのか、判りませんね。


西洋人参木20160810-4-a
多摩森林科学園で、セイヨウニンジンボク(西洋人参木)が咲いてました。
昭和記念公園で見て以来です。


西洋人参木20160810-3-a
望遠でしか撮れなくて、小花の詳細は不明です。


隠蓑20160810-1-a
同園で、カクレミノ(隠蓑)も咲いてました。


隠蓑20160810-4-a
開花し始めた花序は、雄花序です。
大きな実を付けてる果序が両性花の花序だったのですが、花は終わってしまいました。


隠蓑20160810-8-a
雄花は花被片が5裂し、雄蕊は5本です。
花床に雌蕊は有りません。


隠蓑20160810-6-a
この雄花は6裂してます。
蜜が光ってますね。


秋落葉松20160813-1-a
藪の中で、アキカラマツ(秋落葉松)が倒れて咲いてました。


秋落葉松20160813-3-a
開花初期の小花、数枚のガク片が開き、10本程度の雄蕊が出てきます。
中央には緑色の雌蕊が見えます。


秋落葉松20160813-4-a
最盛期の小花、雄蕊が花粉を出してます。
中央には3個の子房が有り、先端に白い花柱が見えます。


紫銀唐松20160813-1-a
これも藪の中で、シギンカラマツ(紫銀唐松)が咲いてました。


紫銀唐松20160813-5-a
この写真の小花を見ると、雄蕊と雌蕊だけの集合体です。


紫銀唐松20160813-9-a
開花初期の小花を見ると、蕾に見れるガク片は薄紫色です。
これは開花と共に早期に脱落します。


紫銀唐松20160813-4-a
白い花糸の先に白い葯が付き、白い花粉を出してます。


紫銀唐松20160813-8-a
花粉が出終わると、葯は薄い褐色になります。
花の中央には、先曲がりの柱頭を持つ、3個の白い雌蕊が見えます。


藤甘草20160806-1-a
葉に特徴があるフジカンゾウ(藤甘草)、元気に咲いてました。


藤甘草20160815-4-a
花序を撮るには、極力、背景を暗くします、


藤甘草20160815-91-a
旗弁の一部を除いて、花弁はピンク一色です。


藤甘草20160806-3-a
時が経つと、竜骨弁の上部が割れて、蕊類が出てきます。


小赤麻20160806-1-a
イラクサ科のコアカソ(小赤麻)、低木ですが毎年刈られると草のように見えます。


小赤麻20160806-3-a
株の根元に近い部分に雄花序が出ます。


小赤麻20160806-6-a
雄花はこの科独特、4本の雄蕊が開きます。


小赤麻20160806-2-a
株の上部では、葉の付け根から長い雌花序が伸び出します。


小赤麻20160815-2-a
説明のしようが無い雌花序、ブラシ状の柱頭が伸び出てるだけです。


菊芋20160815-1-a
小仏川の河原で、キクイモ(菊芋)が繁殖してます。
記憶では、河原とか線路際で良く見かけました。


菊芋20160815-2-a
明るい大きな黄花です。


菊芋20160815-4-a
頭花の終わりが近づくと舌状花弁が丸まってきますので、花弁が細くなったように感じます。


大千成20160815-1-a
オオセンナリ(大千成)が咲いてました。
下には可愛い実が見えてます。


大千成20160815-3-a
望遠で頑張って、5本の雄蕊を確認できました。
中央には雌蕊も見えてるようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

6WC5

Author:6WC5
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR