高尾山便り20160906-1

9月6日までの高尾山便り、その1です。






冬苺20160906-1-a
バラ科のフユイチゴ(冬苺)、最も遅く咲く木苺です。
近縁種のミヤマフユイチゴとは、普通は葉の形状で区別します。


冬苺20160906-2-a
ここでは花だけで識別してみます。
花は白いバラ科の5弁花、雄蕊と雌蕊が多数見えます。


冬苺20160906-5-a
問題にするのは雄蕊と花柱の長さです。
見ての通り、花柱は雄蕊の2倍くらいの長さがあります。


深山冬苺20160825-1-a
こちらはミヤマフユイチゴ(深山冬苺)の花です。
雄蕊と雌蕊の長さがほぼ等長、一目で識別できます。


蔓穂20160902-1-a
ちょっと遅め、ツルボ(蔓穂)の花序です。
下から咲き上ります。


蔓穂20160902-5-a
花被片6枚、雄蕊6本、花柱1本、昔はユリ科、今はキジカクシ科に分類される花です。


蔓穂20160902-4-a
小花1輪のアップ、橙色の葯が割れて黄色の花粉を出します。


蔓穂20160902-7-a
趣味的に、花粉をズームアップです。
黄色い楕円球ですね。


白山菊20160902-1-a
シラヤマギク(白山菊)が方々で咲き始めました。


白山菊20160902-3-a
真っ白な野菊の花です。


南天萩20160902-1-a
ナンテンハギ(南天萩)が咲いてます。
長い花序柄と苞が見えないことが特徴です。


南天萩20160902-3-a
旗弁に入る紅筋が綺麗ですね。


彼岸花20160906-1-a
小仏川沿いのヒガンバナ(彼岸花)、ボツボツと咲き始めました。


彼岸花20160906-2-a
もう直ぐお彼岸ですね。


松風草20160806-2-a
マツカゼソウ(松風草)はピークを越えても咲いてます。


松風草20160806-4-a
小さな白い花が、順々に咲き続けます。


松風草20160906-2-a
花弁は4枚、雄蕊は数本、花柱は1本です。
子房は4個に別れており、そのまま4個の実になります。


松風草20160902-1-a
橙色の葯から黄色の花粉が出ます。
被写界深度が足りませんね。


鉄葎20160902-1-a
嫌われ者の雑草、雌雄異株のカナムグラ(鉄葎)です。
蔓で蔓延って、茎に棘が有ると、まず嫌われますね。
これは雄株、5裂した葉と、大きな花序が特徴です。


鉄葎20160902-3-a
風媒花なのでしょうか、大きな葯が細い花糸にぶら下がります。


鉄葎20160902-4-a
これは蕾、緑色の花被片の隙間から見えてる白物は、花弁ではなく葯です。


鉄葎20160906-1-a
こちらは雌株です。
特徴的な葉の横に、雌花序が見えます。


鉄葎20160906-3-a
4本の雌花序が立ち上がってました。
雌花序は複数の苞が重なっており、個々の雌花は見えません。


鉄葎20160906-5-a
苞の隙間から薄緑色の柱頭を伸ばします。
やがて柱頭は褐色になり、子房が肥大し始めます。


鉄葎20160906-6-a
花序の中心部で雌花が咲き続け、周辺では黄緑色の実が成長します。


爆蘭20160906-1-a
「3時の貴公子」と言われるハゼラン(爆蘭)、時間は正確で2時半に調べると1輪も咲いてません。
3時を過ぎると、一斉に開花してました。
濃いピンク色の花糸と黄色い花粉の色合いが良いですね。


爆蘭20160906-2-a
花柱の先端が3裂してるのですが、斜めに撮って確認しました。
ところで、この花は7時に見たらもう閉じてました。
ネットで調べると、1日に2~3時間しか開いてないとのことです。


山酸漿20160902-1-a
ヤマホオズキ(山酸漿)の株を撮りました。


山酸漿20160902-2-a
花は終わってしまい、緑色の実が生ってました。


猫の乳20160906-3-a
多摩森林科学園に植栽されてるネコノチチ(猫の乳)、今年も多量の橙色の実を付けました。


猫の乳20160906-4-a
間もなく赤実を経由して黒紫色の実になります。


玄圃梨20160906-2-a
これも同園からケンポナシ(玄圃梨)の実です。
試食の機会は無いですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

6WC5

Author:6WC5
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR