高尾山便り20160925

9月25日までの高尾山便りです。





彼岸花20160924-1-a
秋の水田、稲穂とヒガンバナ(彼岸花)は良い組み合わせです。


彼岸花20160924-2-a
彼岸は過ぎましたが、まだ花は咲き続けてますね。


高三郎20160924-1-a
これは彼岸花を背景にした、タカサブロウ(高三郎)です。
詳細には、葉幅が狭いので、アメリカタカサブロウ(亜米利加高三郎)だと思います。


高三郎20160924-3-a
頭花の周辺部には雌花である舌状花、中心部は黄色い花粉を見せる両性の筒状花です。


高三郎20160924-2-a
頭花は小さいですが、大きな緑色の果序が出来ます。


高三郎20160924-5-a
果序には小さな実がぎっしり詰まってます。
この実に付く翼の有無が、同定の決定打なのですが、このままでは見えませんね。


高三郎20160927-2-a
一度は諦めたのですが、後日別の株で種子が露出してました。
タカサブロウの種子と比較したいところですが、本種しかありません。


高三郎20160927-4-a
種子のエッジは鋭角ですが、翼と言えそうなものは無いので、やはり亜米利加で良さそうです。


茶の木20160921-1-a
冬の花の印象が強いチャノキ(茶の木)の花、もう咲いてます。
大量の花粉と大量の虫でした。


蓬20160921-1-a
ヨモギ(蓬)が開花してます。
藪の中で咲いてるのではなく、ヨモギが藪を作ってます。


蓬20160921-4-a
小さな花が大量に集まってますが、ヨモギはキク科なので、これは頭花の集団です。


蓬20160921-7-a
頭花を横から見ました。
イソギンチャクの触手のように見える物は、頭花の周辺に配置された小花の柱頭です。
頭花の中央には筒状花が有り、赤茶色の花冠が見えてます。


蓬20160921-91-a
1つの頭花に注目です。
周辺の小花は7個ぐらい見えてますが、花冠が全く見えません。
筒状花は5個、花冠は5裂し、大量の花粉を出してます。


蓬20160921-92-a
この頭花では、花粉が落ちた後の花柱が見えてます。
これから2本に割れるのでしょうか。


蓬20160921-93-a
この頭花では花粉を押し出してる花柱が3本見えてます。
オオブタクサの雄花とそっくりの光景です。
最も手前の筒状花には2列に並んだ柱頭が見えます。
花粉を押し出してた花柱がこのように変わるのか、2種類の筒状花が有るのか、疑問を持ちました。


秋の野芥子20160924-1-a
アキノノゲシ(秋の野芥子)の大株です。


秋の野芥子20160924-2-a
円錐状に、たくさんの頭花が並んでます。


秋の野芥子20160924-5-a
舌状花だけで構成された頭花、少ない小花数で賑やかに咲いてます。


秋の野芥子20160924-3-a
横からの眺め、割れる前の柱頭に、多量の花粉が付着してます。


吉祥草20160925-1-a
キチジョウソウ(吉祥草)が咲いてます。


吉祥草20160925-5-a
花被片は6裂して、見事に反り返ります。


吉祥草20160925-2-a
花序の低部で咲く小花は、雄蕊が6本と赤い花柱が1本、果実は1年後に成長して赤実になります。


吉祥草20160925-3-a
花序の上部で咲く小花は、雄蕊が6本だけで雌蕊が無く、雄花です。
両性花から雌蕊が消えただけの構造で、バイモの雄花を思い出します。


犬升麻20160925-1-a
イヌショウマ(犬升麻)の花が、まだ残ってました。


犬升麻20160925-2-a
小花が咲いてるのは花序の先端だけで、基の方は子房だけが残ってます。


犬升麻20160925-4-a
キンポウゲ科は複数の雌花を持つものが多いのですが、本種は1本だけです。


荒地瓜20160925-1-a
困り物のアレチウリ(荒地瓜)、除草作業にも負けず、毎年蔓延ってきます。
これは雄花序、不思議な模様の葯が黄色い花粉を出してます。


荒地瓜20160925-5-a
こちらは雌花、ウリ科としては珍しく、単花ではなく花序を形成します。
花冠は5裂、花柱の先が3個の柱頭に分かれます。


荒地瓜20160925-2-a
これは咲き終わりの雌花序、柱頭は黒化し、花冠は萎れてます。
子房は肥大して、まだ柔らかい棘が伸びてきます。


荒地瓜20160925-4-a
実の成長は早く、強力な棘に包まれます。もう、触れません。


大葉馬の鈴草20160925-1-a
ちょっと前に、十分生育したオオバウマノスズクサ(大葉馬の鈴草)の実を載せました。
今回は、割れたばかりの実を見つけました。
果皮が6裂して開いてますが、暗くて種子が見えません。


大葉馬の鈴草20160925-3-a
何とか近づいて、照明を当てて撮りました。
6枚の果皮片に合わせて6本の種子列が見えました。
1つの列に、5~6個の種子が並んでますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

6WC5

Author:6WC5
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR