高尾山便り20170304

2017年3月4日までの高尾山便りです。








立坪菫20170228-1-a
もう正規に開花してるタチツボスミレ(立坪菫)、株数が増えてきました。
日当たりの良い場所では、何処でも咲いてます。


小菫20170303-1-a
2月は枯れた夏葉に花が咲いてたコスミレ(小菫)、ようやく春の葉が出てきました。


小菫20170303-4-a
これでコスミレも開花宣言です。


叡山菫20170303-1-a
ちょっと見ぬ間に、エイザンスミレ(叡山菫)も春葉をだして咲いてました。


叡山菫20170303-4-a
これも開花宣言、綺麗な花です。


葵菫20170304-1-a
順序が逆転しましたが、ようやくアオイスミレ(葵菫)の花が撮れました。
どうも咲いてない場所を選んで探してたようで、見つかりだすと方々で咲いてますね。


葵菫20170304-4-a
側弁が十分に開かない、独特の咲き方をする花です。


片喰20170228-1-a
カタバミ(片喰)の黄花、綺麗な花です。
花弁は5枚、雄蕊は10本、花柱は5本です。


片喰20170303-3-a
拡大して見ましょう。
5本の花柱の先端に、細かく裂けた柱頭が付いてます。


春紫苑20170304-3-a
色白のハルジオン(春紫苑)の花が咲いてました。
舌状花弁が幅細で、柔らかい感じがします。


春紫苑20170304-1-a
蕾が大きく項垂れるのが特徴です。


姫女苑20170303-3-a
これは上記の前日に見かけたヒメジョオン(姫女苑)です。
花弁幅が広いですね。


姫女苑20170303-2-a
根元を見ると、倒れた茎から出た2番花でした。
蕾が1個見えてますが、上を向いてます。


鬼田平子20170303-1-a
高尾林道で見かけたオニタビラコ(鬼田平子)です。


鬼田平子20170303-2-a
岩陰ではあっても、やはりまだ寒いのでしょう、元気が有りませんね。


鬼田平子20170303-4-a
厄介な雑草でも、頑張って咲いてると、応援したくなります。


金瘡小草20170304-2-a
キランソウ(金瘡小草)が開花してました。


金瘡小草20170304-4-a
花柱が2本に分岐して、綺麗にカールしてますね。
株が元気になったら、改めて綺麗に撮りましょう。


虫草20170304-1-a
ムシクサ(虫草)が咲いてましたが、余り開いてくれません。


虫草20170304-3-a
花冠の奥に、2個の薄黄色の雄蕊と、白っぽい柱頭が見えました。


烏野豌豆20170304-2-a
早くも、カラスノエンドウ(烏野豌豆)が開花してました。


烏野豌豆20170304-3-a
アリが蜜を舐めに来て、春らしい光景になりました。


角榛20170304-2-a
ツノハシバミ(角榛)の木を見ると、もう雌花が咲いてました。


角榛20170304-3-a
説明のしようがない雌花なのですが、赤い柱頭が複数本現れます。


角榛20170304-1-a
雄花序を見ると、葯は見えてますが、花粉は出てません。
雄花はまだ未開花ですので、本種は雌性先熟と言うことになります。
風媒花には雌性先熟が多いようなので、納得しましょう。


瓔珞蘭20170304-2-a
ヨウラクラン(瓔珞蘭)の花序を見ると、蕾が大きくなってきました。


房桜20170304-1-a
フサザクラ(房桜)は、昨年の実殻の上で、今年の花芽が赤くなってきました。


房桜20170304-2-a
接写して見ると、花芽が割れて大量の雄蕊が出てました。
開花寸前ですね。


走野老20170304-1-a
ハシリドコロ(走野老)の紫色の新葉を撮りたかったのですが、もう緑色になってました。


走野老20170304-3-a
それどころか、もう蕾が大きくなってます。


花点草20170304-1-a
カテンソウ(花点草)の雄花序が真っ赤で綺麗ですね。


花点草20170304-2-a
雄蕊は5本、幾つか真っ白な葯が出ており、開花寸前です。


赤立羽20170303-1-a
然程赤いとは思えませんが、アカタテハ(赤立羽)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

6WC5

Author:6WC5
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR