高尾山便り20170311

2017年3月11日までの高尾山便りです。







節分草20170311-1-a
野草花壇でひっそり咲いてるセツブンソウ(節分草)、毎年今頃咲きます。
節分草と言うよりは、春分草に近いですね。


節分草20170311-4-a
白い5枚はガク片、黄色いY字型の物体が花弁です。
紫色が雄蕊の葯で、真っ白な花粉が出ます。


節分草20170311-3-a
雌蕊は見難いですが、4個の柱頭が見えます。


東一華20170309-2-a
ようやくアズマイチゲ(東一華)が方々で咲き始めました。
これは駒木野の群生の一番花、周りの枯れ葉の下から多数の新芽が伸びてきてます。


東一華20170311-5-a
これは裏高尾の群生、パラパラと咲き始めてました。


東一華20170310-1-a
そして三度目の登場は日影沢で咲いて5週間を越えた御大です。
我が家の洋ランよりも長持ちしましたね。


クロッカス20170310-2-a
茶屋の花壇でクロッカスが咲いてます。


クロッカス20170310-3-a
この紫色の絞り咲きは、良い色ですね。


関東蒲公英20170310-1-a
ど根性タンポポ、舗装道路の上で繁茂してます。
総苞を確認して、カントウタンポポ(関東蒲公英)の様でした。


仙洞草20170311-3-a
ようやくセントウソウ(仙洞草)の花を見れました。
開花直後は白い葯が、時と共に褐色に変わっていきます。


仙洞草20170311-4-a
花弁は5枚、雄蕊は5本、白い葯から真っ白な花粉が出ます。


仙洞草20170311-8-a
雄蕊の寿命は短くて、葯が褐色になると早期に脱落します。


仙洞草20170311-9-a
花床は円形ではなく、2個の円が融合してるように見えます。
この2個の円形の物は、蜜を出してる腺体だと思います。


仙洞草20170311-91-a
花柱は全体中央部から2本立ち上がってます。
雌蕊は、末期の小花が見易いですね。


仙洞草20170311-1-a
これは終わりが近い花序、花弁が落ちた小花も見えます。
長い間、開花株を探してたのですが、この株はだいぶ前から咲いてたようです。


二輪草20170311-2-a
ニリンソウ(二輪草)の花が増えてきました。


二輪草20170303-1-a
この白い花を見てると、緑色の花の探索が気掛かりです。


雛菫20170310-1-a
ヒナスミレ(雛菫)が開花です。


雛菫20170310-2-a
ネットを張った斜面で咲いてます。
トリミングしてネットが見えないようにしました。


葵菫20170310-1-a
色が濃い、綺麗なアオイスミレ(葵菫)が咲いてました。


立坪菫20170310-1-a
またまたタチツボスミレ(立坪菫)です。
色が濃くて中央部が円形に白です
ニオイタチツボスミレではないと思いますが、似てました。


藪椿20170307-1-a
ヤブツバキ(藪椿)が元気で、花数が増えてきました。


藪椿20170307-3-a
赤い花弁と黄色い花粉、寒い中でも暖かそうな花です。


青文字20170307-1-a
アオモジ(青文字)が開花し始めました。
望遠の限界なので、写真はこれで終わりです。


青木20170307-1-a
アオキ(青木)の実が赤くなってきました。


青木20170307-3-a
これはシロミノアオキ(白実の青木)の実、緑色が消えてきました。
昨年、この木の花が白花であることを確認し、ブログに載せました。


蛇苔20161211-1-a
昨年12月に撮ったジャゴケ(蛇苔)の写真です。


蛇苔20161211-3-a
所々に、こんな構造物が見られ、これが雌器托の初期かと考えました。


蛇苔20170303-5-a
3月に入ってから撮り直すと、既に雌器托は伸び始めてました。


蛇苔20170303-7-a
成長の早い物は、もう朔「胞子嚢」が大きくなってました。
黒い物体が朔で、やがて胞子を出します。


蛇苔20170303-1-a
この時期、新しい葉状体も伸び出します。
葉は、古い葉状体の縁から出ますので、12月に撮った物は初期の雌器托で良いと考えてます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

6WC5

Author:6WC5
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR