高尾山便り20170329

2017年3月29日までの高尾山便りです。







石菖20170329-1-a
セキショウ(石菖)が花序を伸ばしてました。


石菖20170329-2-a
花序は下段から咲き始めて登って行きます。


石菖20170329-3-a
これは開花前の小花群、歪な6角形が1個の小花です。
表面は花被片で覆われ、中央部のやや色が濃い部分が雌蕊だと思います。


石菖20170329-4-a
花被片を押し上げて、雄蕊の葯が出てきます。


石菖20170329-5-a
雄蕊を横から見ると、結構太い花糸ですね。


石菖20170329-6-a
1個の小花から、まず3個の雄蕊が出て、ちょっと間を置いてから残り3個が出てきます。
まだこれから先の話でした。


千本槍20170329-2-a
センボンヤリ(千本槍)が開花してました。


千本槍20170329-4-a
これは開花したばかりの頭花、舌状花は開花してますが、筒状花はまだ蕾です。
舌状花の白い花柱以外に、白い鱗片が見えるので判別しにくいです。


千本槍20170329-3-a
この頭花は両小花とも開花してます。
筒状花は7個、舌状花は9個ぐらいですね。


小臭木20170328-1-a
コクサギ(小臭木)が新葉と花芽を出してました。
雌雄別株で、これは雄木です。


小臭木20170328-3-a
雄花序では1輪目が咲き始めた所で、4本の雄蕊と4枚の花弁が見えます。


小臭木20170328-4-a
こちらは雌木、昨年の実殻が残ってるので、探すのが容易です。


小臭木20170328-5-a
雌花は未開花で、葉痕の上に小さな蕾が着いてました。


猫の目草20170329-1-a
以前にも紹介した日影沢のネコノメソウ(猫の目草)、石に守られて開花しました。


猫の目草20170329-2-a
花は極めて小さいのですが、花の周辺の葉が黄色に染まって開花を知らせてるように見えます。


猫の目草20170329-4-a
水好きの本種は水に浸って育ちますので、撮影は大変です。


春蘭20170329-3-a
尾根道を歩いてると、方々でシュンラン(春蘭)の開花株を目にします。


春蘭20170329-2-a
草刈りで葉を刈られてしまった大株、負けずに多くの花を咲かせてました。


春蘭20170329-1-a
これは道沿いの大木の根元で頑張る株、綺麗に咲いてました。


噛柴20170328-2-a
タムシバ(噛柴)が開花寸前でした。
コブシとそっくりな蕾でして、違いは花の下に葉が着かない事、だそうです。


桂20170328-1-a
カツラ(桂)の木が赤味を帯びてきました。
雄木を望遠で撮ると、雄花が雄蕊を伸ばしてました。


桂20170328-2-a
開花し始めましたね。


広葉崑崙草20170329-1-a
ヒロハコンロンソウ(広葉崑崙草)が蕾を出してました。


広葉崑崙草20170329-3-a
あと数日ですね。


接骨木20170328-1-a
ニワトコ(接骨木)の蕾が大きくなりましたが、まだ開花してませんでした。


双葉葵20170329-1-a
フタバアオイ(双葉葵)は、2枚の葉の間に蕾が出てます。


双葉葵20170329-3-a
独特の形状の蕾、開花寸前ですね。


立柏20170329-1-a
赤いタチガシワ(立柏)の新芽に蕾が見えてました。


立柏20170329-2-a
今にも咲きそうに見えますが、緑色の葉が成長してから開花しますので当分先の話です。


三葉空木20170328-1-a
この花の芽は何でしょう、ミツバウツギ(三葉空木)だと思います。


三葉空木20170328-2-a
枝の出方が対生で、新葉が3枚小葉のように見えます。


小葉のガマズミ20170329-2-a
これは何でしょう、コバノガマズミ(小葉のガマズミ)だと思います。


小葉のガマズミ20170329-1-a
これも枝の出方が対生で、葉の幅が狭いように見えます。
木の芽の同定は難しいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

6WC5

Author:6WC5
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR