高尾山便り20170410-2

2017年4月10日までの高尾山便り、その2です。







菫20170410-3-a
スミレ科スミレ属の本家、スミレ(菫)です。
花色がやや赤いのが気になります。


菫20170410-4-a
珍しく白い柱頭が見えてますね。


紫背菫20170410-1-a
これはマキノスミレ(牧野菫)かシハイスミレ(紫背菫)、どちらかの様です。
多数決だと牧野さんに傾いてますが、決めかねてます。


紫背菫20170410-5-a
どちらであれ、花の綺麗さは変わりません。


紫背菫20170410-8-a
横顔も撮りました。


紫背菫20170410-91-a
若い葉の裏は紫色ですが、時が経った葉ではかなり色褪せてます。


立坪菫20170410-1-a
これはタチツボスミレ(立坪菫)なのですが、こんなに綺麗で良いのでしょうか。


立坪菫20170410-3-a
1輪のアップ、説明しにくい色柄ですね。


立坪菫20170410-5-a
これが隣で咲いてた花で、普通よりも色が濃いです。


赤斑立坪菫20170405-1-a
アカフタチツボスミレ(赤斑立坪菫)、色素が過剰なのか、花色も濃いですね。


匂立坪菫20170410-1-a
南高尾のニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)、綺麗さに圧倒されます。
山道の上、踏まれそうなところで咲いてました。


匂立坪菫20170410-3-a
濃い赤紫色が、中央だけ真っ白に抜けます。


匂立坪菫20170410-5-a
この花は、横から見ると、中央部は距まで真っ白でした。


日陰菫20170410-1-a
ヒカゲスミレ(日陰菫)の群生です。


日陰菫20170410-5-a
葉柄が長く、葉が水平に倒れてます。


日陰菫20170410-8-a
白い花弁に綺麗な紫脈が入ります。


高尾菫20170402-1-a
赤茶色の葉が目立つタカオスミレ(高尾菫)、ヒカゲスミレの変種です。


高尾菫20170402-4-a
白地に紫脈、これでもかと入って豪華ですね。


接骨木20170410-1-a
ニワトコ(接骨木)の蕾序が白っぽいので、望遠で撮ってみました。


接骨木20170410-2-a
早くも開花してるようです。
早速、接写できる木を探しましょう。


三葉土栗20170410-1-a
黄花が春らしい、ミツバツチグリ(三葉土栗)の花です。
根生葉も三葉です。


三葉土栗20170410-4-a
開花初期の花は花粉が豊富です。
幅広の5枚のガク片と、幅が狭い5枚の副ガク片を持ってます。


三葉土栗20170410-3-a
花弁は5枚、雄蕊はたくさんです。


三葉土栗20170410-6-a
花粉が終わると葯は褐色に変わります。
中央には多数の花柱が並んでます。


雉莚20170405-1-a
こちらはキジムシロ(雉莚)の黄花、花数が増えてきました。
花だけでは、ミツバツチグリと識別できません。


山延胡索20170410-3-a
これは南高尾で見かけるヤマエンゴサク(山延胡索)、赤味が強い花色が特徴です。


山延胡索20170410-2-a
色が赤いとジロボウエンゴサクと似てきますので、同定の要になる「櫛形の苞葉」を見せましょう。


山延胡索20170410-4-a
それにしても、小花が見事に逆立ちしてますね。


犬桜20170410-1-a
イヌザクラ(犬桜)が多くの花序を立ち並べてました。


犬桜20170410-3-a
小枝から立ち上がる花序には、葉が付いてません。


上溝桜20170410-1-a
こちらはウワミズザクラ(上溝桜)、だいぶ花序が大きくなってます。


上溝桜20170410-3-a
枝から立ち上がる花序を見ると、4枚の葉が付いてます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

6WC5

Author:6WC5
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR