高尾山便り20170422-1

2017年4月22日までの高尾山便り、その1です。







長葉の曙菫20170420-2-a
毎年撮ってるナガバノアケボノスミレ(長葉の曙菫)、今年は元気で花数が多いですね。


長葉の曙菫20170420-6-a
花はアケボノスミレと似ており、素晴らしく整った美形です。


小深山菫20170422-1-a
早くもコミヤマスミレ(小深山菫)が開花しました。
濃緑色の葉に、赤紫色の葉脈が目立ちます。


小深山菫20170422-4-a
花の方は、白地の花弁に赤紫色の模様が入ります。


小深山菫20170422-6-a
手前から、目線を下げて撮ると、唇弁の幅が狭くなります。
奥の柱頭が見えました。


坪菫20170419-1-a
ツボスミレ(坪菫)の花数が増えてきました。


坪菫20170419-2-a
こんな綺麗な花を見かけました。


菫20170416-1-a
前回は妙に赤味が強いスミレ(菫)でしたが、今回は普通色の花です。


菫20170416-2-a
側弁の毛が多く、柱頭が見難いですね。


菫20170416-3-a
意地で撮りました。


有明菫20170422-1-a
高尾周辺で見かける白花のスミレ、
正体不明なのですがアリアケスミレ(有明菫)かと思ってます。


有明菫20170422-3-a
側弁には短い毛が密生し、薄黄色の柱頭が見えます。
ぜつ唇弁には紫脈が入ってますが、側弁、上弁には入りません。


有明菫20170422-4-a
横顔も載せておきます。


接骨木20170419-1-a
ニワトコ(接骨木)が方々で満開に咲いてます。


接骨木20170419-4-a
満開の花序を撮りました。


接骨木20170419-5-a
小花は、花冠5裂、雄蕊5本、柱頭3個です。


接骨木20170419-9-a
開花直後の小花では、まだ花被片がカップ状に窪んでます。


接骨木20170419-92-a
時が経つと、精一杯、反り返ります。


馬の脚形20170419-1-a
ギンギラに輝いて、ウマノアシガタ(馬の脚形)が咲いてました。


馬の脚形20170419-2-a
5弁花で光沢の有る花弁が特徴です。


馬の脚形20170419-3-a
初期の花は、多数の大きな葯が密集してます。


馬の脚形20170419-4-a
花粉を出し始めると、中央部には多数の緑色の花柱が見えてきます。


山靫20170420-1-a
たくさんのヤマウツボ(山靫)が花序を出してました。


山靫20170420-2-a
この株は、先終わりに近い花序です。
何時から咲いてたのでしょう。


山靫20170420-5-a
こちらの花序は咲き始めの物で、小花が次第に咲き上って行きます。


山靫20170420-8-a
ガク筒は4裂し、花冠が出てきます。
ガク筒の内側は、濃い紅色の縁取りがあります。


山靫20170420-7-a
ガク筒から出て来る花冠は唇型で、下唇は淡紅色、上唇は長くて薄黄色です。


山靫20170420-6-a
上唇の先から花柱が伸び出ます。
また、上唇の内部に黄色い葯が見えてます。


朴の木20170422-1-a
高尾林道で、谷側のホオノキ(朴の木)が蕾を出してます。
一丁平以外でも、目の前で咲いてくれそうです。


旗竿20170422-2-a
ハタザオ(旗竿)の花は咲いてませんでした。
まだ一周間以上先ですね。


小葉の立浪20170422-1-a
コバノタツナミ(小葉の立浪)は開花寸前の蕾が並んでました。
冬の返り咲きではなく、春の本咲きが間近です。


瓜の木20170422-1-a
撮影が難しいウリノキ(瓜の木)、蕾が出来てました。


藪手毬20170422-1-a
ヤブデマリ(藪手毬)は、真っ直ぐな枝に、花序が対生で並びます。


藪手毬20170422-3-a
蕾を見ると、装飾花のガク片が開き始めてますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

6WC5

Author:6WC5
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR